MRな毎日

  • MR総数は5万8000人強‐男女とも順調な伸び

    2008年度の医薬情報担当者(MR)の総数が、前年比4・2%増の5万8400人に達していることが"、医薬情報担当者教育センター":http://www.mre.or.jp/がまとめた「09年度版MR白書」で記載されています。

    領域専門MRを有する企業の増加、ジェネリック薬の情報活動強化などが背景にあるとしている。

    MR総数が前年比4・2%増の5万8400人になることが分かった。内訳は、製薬企業が5万6482人、CSOが1918人。07年度はMR総数が初めて減少したが、一転して約2400人の増加となった。さらに、男女別では、男性MRが3・5%増の5万1521人、女性MRが9・9%増の6879人と順調に伸ばした。

    一方、年齢構成別でみると、60歳代の男性MRが26・3%増の947人となり、定年退職者の再雇用が順調に進んでいる傾向が示された。また、専攻分野別のMR構成では、文科系が5割を占める一方で、薬剤師の占める比率が3年連続で減少し、13・9%と過去最低となった。
     そのほか、MR認定証の取得率は、過去最高の96・1%を記録した。

    記事参照:薬事日報

MR転職サービスエントリー 転職支援サービスは無料です。

製薬業界への転職 MR転職サービスとは?

当サービスは、MR担当者への転職・就職を希望されている方全般を対象にしたサービスです。
世の中には転職サイトは幾多とありますが、当サービスでは、人生や生活の視点から、医薬情報という職業について多角的な目線で捉えていきたいと思います。
製薬メーカー側からみたMR候補者に求めること、キャリアアップ、プロフェッショナルを志す方へ、参考になる実用的なコンテンツと、求人情報を提供して参ります。

PICK UP!! 急募企業

ヤンセンファーマ株式会社

2011年1月入社
腫瘍・ウィルス・免疫・疼痛MR募集

ご応募されたい方はこちら

採用企業の方へ 詳細はこちら

有料職業紹介事業
人材育成コンサルティング事業
厚生労働大臣
許可番号 13-ユ-302907
県知事認可法人 許可番号