MR経験者のみ対象 エリア・条件別MR求人情報

  • MR活動とインテリジェントデバイスについて

    今回はMR活動とインテリジェントデバイス(スマートフォンやタブレットPC iPad iPhone など)について気になっていることを綴ります。

    私が製薬会社に入社した1995年は営業所にWINDOWSパソコンらしきものが2台あって、現場のMRはほとんど触ることはありませんでした。営業日報もマークシートとFAXで行っておりましたので今から考えるとすごい時代だったと思います。
    WINDOWS95が日本で定着すると同時にパソコン通信からインターネットの環境へシフトしていく流れがありましたが、製薬業界の取り組みはそこでもちょっと遅れていて電卓とポケットベルとテレホンカードが3種の神器でした。


    このようなかなり保守的な医療業界で入社当時から私は個人のノートパソコンを持ち込んで営業的な数値管理や医学論文などの情報の管理を行なっておりました。

    周りの人々にはこれがよほど奇異に思えたのでしょうか?

    「こんなものを使いこなせてもダメだ!お前のようなやつに営業成績は上がらん」

    と一蹴されていたことを思い出します。

    そんな昔話はさておき、医療の環境が劇的に変わってきており現代の医療者の医薬品の情報の入手の方法が多様化しているのは皆さんご存知かと思います。

    ●10年前の主な医薬品情報の情報ソース

    • ・製薬MRに頼む医学文献
    • ・製品パンフレット
    • ・製薬MRの情報提供
    • ・同業医師の口コミ
    ●現代の医薬品情報の情報ソース
    • ・医師向け医学系メディア m3・ケアネット・日経メディカルオンラインなど
    • ・PUBMEDなどインターネット文献サービス
    • ・製品パンフレット
    • ・製薬MRの情報提供

    このようにインターネット経由の情報が大きな部分を占めるようになって来ました。

    さらに患者さんの知識水準というのもインターネットの普及の影響からレベルが上がってきて、疾患別の診療ガイドラインなども理解したうえで納得できる医療を求めるケースが増えてまいりました。

    実際に薬局の窓口でも患者さんにお渡しする医薬品の注意書きの文書の内容では物足りないと言われるケースが増加しています。

    そこで詳しい説明を必要とする患者さんのためにiPadのようなタブレットPCが活躍するようになります。

    それではなぜ医療の世界でiPadが使えるのでしょうか?
    その答えは2つあります。
    1)数秒で起動し医療者が必要な情報に辿りつける。
    2)3GやWIFI電波は医療機器と干渉しないので病院・薬局に最適

    今の時期はインフルエンザが流行ってきており、吸入タイプの薬剤の説明には動画を使った説明が有効です。従来型のPCでは動画を開くまで数分かかってしまいます。具合の悪い患者さんは待ってくれません。

    一部の製薬会社の提供コンテンツでは吸入指導の動画がダウンロード可能なので私はそれをiPadに取り込んで実際に使っています。

    動画提供サイト 第一三共 イナビル

    http://influ-news.info/inhalation/movie.html


    このような吸入薬や注射薬のように窓口対応の説明時間だけではご理解頂く事が難しいケースでは家でもどこでも再生し確認出来るような対応が望まれます。

    私の知人の薬剤師はこの動画データをYou-Tubeにアップロードしており既に5000アクセスを獲得しております。
    このように薬剤師が医薬品情報の発信者として時代の流れに合致した行動を開始している事実がありますので、MR活動もそれに連動した行動を求めたいと考えています。

    こうした新しい患者支援のような利用法が進化している一方で従来どおりのPCのような利用方法を各製薬会社は取り組んでいます。

    ・担当者別販売実績の把握
    ・行動(コール数)管理
    ・MRの自己学習支援ツール
    たしかにセキュリティとかペーパーレス化を考えるとノート型PCからの乗り換えは合理的なのですが医療者が使う利用方法が再現出来なければせっかくのiPadも能力の半分も出すことなく医療者からの注目も瞬間風速で終了してしまう可能性が高いと思われます。

    生かすも殺すも製薬会社の使い方次第ですが・・・

    私はiPhoneやiPadを個人で所有し、多くの医療系アプリをダウンロード出来る環境が一番医療者にリーチ出来る方法と考えますが皆さんいかがでしょうか?

MR転職サービスエントリー 転職支援サービスは無料です。

製薬業界への転職 MR転職サービスとは?

当サービスは、MR担当者への転職・就職を希望されている方全般を対象にしたサービスです。
世の中には転職サイトは幾多とありますが、当サービスでは、人生や生活の視点から、医薬情報という職業について多角的な目線で捉えていきたいと思います。
製薬メーカー側からみたMR候補者に求めること、キャリアアップ、プロフェッショナルを志す方へ、参考になる実用的なコンテンツと、求人情報を提供して参ります。

PICK UP!! 急募企業

ヤンセンファーマ株式会社

2011年1月入社
腫瘍・ウィルス・免疫・疼痛MR募集

ご応募されたい方はこちら

採用企業の方へ 詳細はこちら

有料職業紹介事業
人材育成コンサルティング事業
厚生労働大臣
許可番号 13-ユ-302907
県知事認可法人 許可番号