MR経験者のみ対象 エリア・条件別MR求人情報

  • MR活動とソーシャルメディア(その1:Twitter)

    世の中のマーケティング戦略が時代の流れによりどんどん変わっております。
    今でも製薬会社ではプロダクトアウト型中心のマーケティングが行なわれております。

    プロダクトアウト型 ・自社の技術力によって開発できた商品を市場に当て込む手法
    マーケットイン型 ・ユーザーニーズを集めて開発できた商品を市場に出す手法。医療の世界では医師主導型治験によって開発された医薬品や患者団体の要望で承認された医薬品などを指す。
     
    どちらが良くてどちらが悪いというわけではなく、両者のバランスが重要です。前回のテーマであったアップル社のiPadの成功は両者のバランスによって成り立っています。
     
    医療用医薬品という製品は法律で大きく制限されており、効果判定や副作用の有無などの患者さんのメッセージを製薬会社側が直接受け取ることが出来ませんでした。しかし現在ICTの発達で様々な自己表現のメディアが登場することによって自分の病気の症状や闘病記なども手軽に閲覧ができるようになりました。
     
    その代表がSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)とブログ(ウェブログ)です。
    その後者の方で圧倒的な地位を占めているのがミニブログと言われているTwitter(ツイッター)というサービスです。登録者は約1000万人と言われています。
      

    Twitter http://twitter.com/
    ウィキペディア(Twitter) http://ja.wikipedia.org/wiki/Twitter
     

    Twitterが会員数を急速に増やした大きな理由は3点あります。

    1. 最大140文字と言う制限があるがいつでも色々なメディアから発信・受信できる

    2.特定の人(アカウント)の発言を「フォロー」することで登録が可能。

    3.ある特定の発言に同意したときは「リツイート」することで自分の意思表示が出来る。
     
    私も2年前から利用していますがまだまだフォロー数と被フォロー数が2500人ぐらいですのであまり多くはありませんが、属性がMRや薬剤師というカテゴリーで考えるとかなり多いほうの部類に入ります。
    これだけの数を自力で2500名の被フォローというグループを形成出来たのにはある理由があります。
     

    被フォロー数を確実に増やすための3箇条

    ・実名・薬剤師・住んでいるエリアを掲載している。
    ・薬剤師を中心にフォローした。
    ・発言は医療制度関連とがん患者支援の話題に絞った。
     
    これだけの個人の会員数。発信した言葉。興味の範囲。などがある程度分析できることを考えるとこれを企業のマーケティングに利用出来ないかと考えるのは当然です。
    しかし不特定多数のユーザー対象ではメッセージを発信してもレスポンスが無いので、ある程度の絞込みやグルーピングは重要です。
    また露骨に売り込みたい商品の連呼などするとフォロワーが減少してしまいますので、発言はちょっと工夫をしなければなりません。
     

    今後MRとしてTwitterを活用する場合に気をつけること。

    1. 実名を出すと会社に知られてしまうので、利用しても可能かどうか確認をする。

    2.フォローする相手は発言に共感できるコアな医療者を中心に選定する。

    3.フォローしてもらうには最新の医療関連の話題でコツコツ発言を積み重ねること
     
    このように自分が多くの医療者の方に役に立つような情報を発信できる人間であるということを証明する活動はソーシャルメディアが一番得意としている分野です。
    それがアドボカシーマーケティングという日本人が昔から持っている「先義後利」という道徳概念に一致しますのでMRとしても受け入れられるようになります。
     
    さて皆さんはどのようにこのようなソーシャルメディアを活かしたいと考えていますか?

MR転職サービスエントリー 転職支援サービスは無料です。

製薬業界への転職 MR転職サービスとは?

当サービスは、MR担当者への転職・就職を希望されている方全般を対象にしたサービスです。
世の中には転職サイトは幾多とありますが、当サービスでは、人生や生活の視点から、医薬情報という職業について多角的な目線で捉えていきたいと思います。
製薬メーカー側からみたMR候補者に求めること、キャリアアップ、プロフェッショナルを志す方へ、参考になる実用的なコンテンツと、求人情報を提供して参ります。

PICK UP!! 急募企業

ヤンセンファーマ株式会社

2011年1月入社
腫瘍・ウィルス・免疫・疼痛MR募集

ご応募されたい方はこちら

採用企業の方へ 詳細はこちら

有料職業紹介事業
人材育成コンサルティング事業
厚生労働大臣
許可番号 13-ユ-302907
県知事認可法人 許可番号